フォニックス学習

フォニックスとはえいごを読む時の「アルファベットのおと」

アルファベットには「なまえ」と「おと」があります。

~フォニックス学習~

 

日本のこどもたちが「あいうえお」を、最初に覚えるように、教室ではアルファベットを発音出きるように覚えます。

ひとつ日本語と違うのは、アルファベットには「音読み」と「名前読み」があります!

ひらがな→「あいうえお」は「あいうえお」と発音

英語の「ABC」→「エービーシー」(名前読み)「ア・ブ・クッ」(音読み)を学びます。

 

教室ではフォニックス学習を積極的に取り入れ、聴いて読む、単語を見たら発音出来るようになる。というプロセスで進めます。

​また、日本語にはない英語特有の発音・イントネーションもしっかりと学びます。

 

 

~英語は耳から~

 

レッスンでは幼少期にこどもが自然に言語を身につけるプロセスを再現。

まず耳から英語の音・リズム・イントネーションに慣れます。

 

その音が何を意味するのかをイラストでも見せ、脳内に音とイメージのリンクを作ることで

音を聞いた瞬間、イメージが浮かぶようになります。

 

初めて英語にふれるお子さんにとってアルファベットは未知の言語!

聞いた英語を発話、読めた英語を書くことにより

​「聞く・話す・読む・書ける」の4技能をしっかりと定着しながら進めます。